What's new

8月愛知で井田亜彩実さんの作品に出演します。

6月に名古屋で作品の経過発表のショーイングがあり、8月はいよいよ本番、長久手というところで上演があります。

その製作途中もこのサイトで書き記したいと思い、随時アップしたいと思います。


公演の詳細はこちら。

https://www.city.nagakute.lg.jp/bunka/bunka_ie/butai/si-rue.html?fbclid=IwAR3grV7IgjWHy7OqumnLltNiAJuYwQC44FAM7xCHWYGfXyVqLKc0A4lkM08

***

ダンスがつなぐアートの祭典!

令和元年8月2日(金曜日)19時30分開演
ARTopia! 風のホール
8月3日(土曜日)13時00分開演|18時00分開演
ARTopia! 風のホール
開場は各開演30分前


上演時間:各約60分文化の家舞踊系創造スタッフの豊永洵子と、ダンス大国イスラエルのダンスカンパニー Maria Kongに所属していた井田亜彩実がタッグを組んで、Maria Kongのアートイベントを文化の家バージョンでお届けします。

芝居、音楽、美術などをダンスがつなぐ複合的なアートイベントで、ステージでは、井田亜彩実新作ダンス作品をはじめ、文化の家創造スタッフ藤島えり子による演劇ユニットハラペッコの二人芝居、名古屋を中心に活躍するダンスユニットarchaiclightbodyの作品を展開します。

また、開演前と終演後にはホワイエでゲリラ的にパフォーマンスを行い、8月3日(土曜日)の昼の回には、喫茶Riverの出店やイスラエルの食文化を楽しめるコーナーも!

より気軽に、身近に、アートを楽める空間を生み出します。

総勢20人のアーティストが交わることで、どんな化学反応が起こるのか!!?

ワンダーランドのように、様々なアートが「ダンス」によってつながる、

「Art(芸術)」で「Utopia(理想郷)」が実現するその瞬間を、ぜひお見逃しなく!

☆開演前と終演後にホワイエパフォーマンスがあります!

☆8月3日 13時00分の回は、喫茶Riverの出店やイスラエル料理もあります!


***


■企画・出演

豊永洵子、井田亜彩実


■舞台パフォーマンス

◎井田亜彩実新作ダンス

 豊永洵子、鈴木春香、荒俣夏美、ホシノメグミ

◎ダンスパフォーマンス

 archaiclightbody(杉山絵理、服部哲郎)

◎演劇パフォーマンス

 ハラペッコ(おにぎりばくばく丸、藤島えり子)


■ホワイエパフォーマンス

◎ダンス 岡村圭祐、津曲晴子

◎ひめトレ 糸川亘

◎縄跳びパフォーマンス 粕尾将一(8月3日(土曜日)18時の回のみ)

◎音楽×ダンス 了徳寺佳祐 ほか

◎針金アート×ダンス 橋寛憲、渡邊智美

◎喫茶River 堀江善弘

 その他当日のお楽しみ!!


■料金

【前売】フレンズ会員2,000円、一般2,500円、高校生以下500円、一般ペア券4,000円

【当日】フレンズ会員・一般2,800円、高校生以下500円


※全席自由

※2歳以下入場不可

※前売完売の場合、当日券は発売されません。

※車いす席をご希望の方はお問い合わせください。

☆託児サービス(8月3日 13時00分の回のみ)
定員:10名 無料 文化の家1F受付へお申込みください


■チケットの取扱い場所

長久手市文化の家 0561-61-2888(チケット専用 ※電話予約は発売日の翌日から)

Nピア(アピタ長久手店1F) 0561-63-9200 窓口販売のみ

チケットぴあ(外部リンク) 0570-02-9999(Pコード494-865) フレンズ発売なし

☆一般ペア券の取り扱いは文化の家のみ


■主催

長久手市


5月5日に表参道スパイラル企画のSCIFにて細川麻実子さんの作品に出演します。
 
出演時間は13時頃から。10分ほど。スパイラルの1階の広場にて。
 
前回麻実子さんの振付作品を観て、よりその作品の世界を覗き見したくなりました。
 
ご来場の皆さんにも味わってほしい。
お楽しみに!

https://www.sicf.jp/information/

下記、細川麻実子さんの作品紹介文です。


既に開催中のSICF20@ スパイラル
私の作品「Mら」は5月5日13:10〜参加致します。
個性的かつピュアで濃厚、遠近両用的ダンサーが集まってくれました。
私たちのM、Mの可能性、多様なM、Mな私たち、M in スパイラル!
多くの方に自由な感覚で体感してもらえたら幸いです。
PlAY部門(1階アトリウム)は観覧無料ですので、是非ふらっと遊びにいらして下さい!
 
「Mら」細川麻実子
出演/ 
増田 明日未 、江藤 裕里亜 、ホシノ メグミ 、飯塚 友浩 、新宅 一平 、三橋 俊平、柴田 美和、細川麻実子
--------
SICF20(第20回 スパイラル・インディペンデント・クリエイターズ・フェスティバル)
Ⅰ日程:2019年5月4日(土・祝) 13:00-17:00 [1組10分]
Ⅱ日程:2019年5月5日(日・祝)13:00-17:00[1組10分]
※両日程とも10組ずつ。
 
会場
スパイラルガーデン(スパイラル1F)
〒107-0062東京都港区南青山5-6-23
Webサイト>>
https://www.sicf.jp/information/




イエロービジョンでは、ずっと昔から見続けてくれたお客さんから、ずっとすすめられていた音楽家である國仲勝男さんとようやくセッションすることが出来ました。


また、数年前にいくつか共演しました本田ヨシ子さんとの再会もまた、過去の自分に振り返ることが出来て、今の自分を捉え直すことにもなりました。

 

おふたりと、またお客さんのおかげで、イエロービジョンのこれまで踊った中ではもしかしたら一番小さい踊り場、半畳ほどの『場』によって、今まで追求し続けてきた踊りがようやく見えてきました。

 

踊る身体がしなやかに、自然の摂理のごとく無駄なく研ぎ澄まされた動きが好きです。

でも、本当に心惹かれるもの、見たいものは、人が一瞬一瞬を戸惑い、迷いながらも決断していく姿に心動かされます。

 

もしかしたら無駄かもしれない、でも必要である、そのぎりぎりの緊張感、何が起きても柔軟に飲み込んでいく動きとの揺らぎが、とても人間臭く感じられる。

 

その人間臭さに憧れを抱いているのかもしれません。


ある種の人間の情けなさ醜さを抱いた美しさが見たいと、そのために日々の訓練と鍛錬による積み重ねられた習慣があり、培ってきた技術を手放した時に見えてくるそのダンサーの身体を受け止めたい。

 

踊り始めるその一歩または一手をずっと続けていきたい。

 

改めて、そのことに気づかされたひと時でした。

初めて出会うお客さんから抱きしめられたり、私の動きを真似てみせてその感動を伝えてくれた時に、その人の身体から立ち現れるものに、逆に感動してしまった。