ふたつの身体の紹介です②

前回に引き続き、

『石っころと砂つぶの会話』二人目のダンサーの紹介は、KEKEさん。

また下記に今回の演出振付である作曲家のmagi.さんの紹介を転記します。

彼の身体への追及に惚れて、戦友でもあり尊敬してます。

このふたりのダンサーが揃うことは稀有なことでもあって、もう存分に味わっていただきたい。


magi.'s massage.

KEKEさんと共演したのは2013年の「わたしなあなたし」。

以降、彼のソロダンスの音づくりは、私がずっと担当してきました。

人から振り付けられれば、高い身体能力を活かしてどんな動きでも踊り尽くしてしまう。

しかし彼の身体の真価は、ソロ作品においてこそ十二分に活かされていると思います。

彼のソロ作品は、根源に純粋な「何か」を置き、

綿密な計算のもとにはじきだされた動きを、

素直さを失うことなく、余すところ無く出している。

私はそう感じています。

綿密すぎるが故に、繊細。繊細であるが故に、彼の世界に深入りすることを誘う。

深入りした先にあるのは、突き詰めた純粋さ。

そうしたKEKEさんの魅力は、私たち人間が

元々持っていたはずの純粋さや繊細さを、

作品を通して思い出させてくれていると、いつも思います。

彼の師匠である和田さんの稽古場にも、KEKEさんの縁で何度かお邪魔しています。

私が昔、純度の高い役者をめざし、自分と方向性の合う劇団で稽古をしていた頃を

思い出すような、純度の高いことに向かっていける稽古場です。

確かに、これを何年も続けていれば、純度が高くなるのもうなづけます。

KEKEさんはその上で、毎回ソロ作品において自分に「挑戦」を投げかけています。

飽くなき自分の深層の身体性の探求に、私は常に違う方法で切り込んでいますが、

その度に、明言しないまでも、彼が自分の作品のために持つ拘りの強さに驚かされます。

綿密かつ純粋・繊細であるために、見えてくる拘りがとても多い。

彼もまた、質の違う出演者。

今回曲を作る以上に演出までできることは、至上の喜び。



KEKE

大学在学中に身体表現「ミイム」を和田千恵子氏に師事する。

大学卒業後からダンスを始め、

伊藤キム主催のダンスカンパニー「輝く未来」に所属。

以降解散までメンバーとして所属した。

その後は伊藤キム振付作品のほかにMOKK、かえるP、尾花藍子作品などに出演している。

演劇の分野でも活躍し、PARCOプロデュースや維新派、アマヤドリなどに出演している。

Hoshino Megumi | ホシノ メグミ Official Website

ダンサー/舞踏 ホシノ メグミの公式サイト。最新情報やプロフィール、公演情報など。 Butoh Dancer Hoshino, Megumi Official Website.